キャッシングして何がいけないの?

キャッシングっていけないこと?

生活をしていると世の中お金だなって思うことはありませんか?
何をするにもお金、食べるのも飲むのも生きていくための水も電気も住むところもすべてお金がかかってきます。
だからこそ生きていくうえでお金は絶対的に必要ということは分かったのです。

 

最近では勉学の方でも貧富の差が出てしまっていたり、子ども達の生活まで影響があるとニュースでやっています。
お金があるおうちの子はいい塾に行けていい環境で過ごすことができるためかしこくなって立派になる、でもお金のない家の子はその逆で結果大人になっても普通の暮らししかできない・・・なんてことがよくあるようです。
またお金がある家の子は好きなゲームや欲しいものが手に入る、でもお金がない家の子は指をくわえてみているだけ、しかもそれを持っていないから仲間外れにされる・・・ということが現実起きているのです。
なんだか世の中不公平のような気がします。

 

こんな世の中でお金が無かったらどうやって幸せに暮らしがおくれるのでしょうか?
しかもお金がないのに税金ばかりのこの日本。
消費税もどんどん上がっていく、それなのに給料は少しずつしか上がらない。
一生懸命頑張って働き汗水たらしていてももらえる給料には限界があり、私たちの税金で暮らす人たちはそれなりのお給料をもらっている。
なんだか不幸すぎませんか?

 

そんな毎日の中でお金がどうしてもいるときってありますよね。
そこで利用したのが消費者金融や銀行カードローンです。
利息はかかりますがお金が必要なときは頼みの場所かなって思っています。
でも現実お金をキャッシングすることって内緒にしていなくてはいけない現実がありませんか?
キャッシングしている人が「○○でキャッシングしてきた〜」ってどこかに出かけてきたように話す人ってほとんどいないと思います。
ほとんどの人がキャッシングしていることを隠しているように思います。

 

キャッシングってなにかいけない事しているんですかね?
別に泥棒をしているわけでもないし何も悪いことではないのになっておもいます。
でも自分もやっぱり内緒にしてしまいます。

 

いけないというよりは人にいうのが恥ずかしいという気持ちの方が大きいかもしれませんね。
キャッシングするために無人機に入るときもすごく勇気がいります。
無人機の周りはついたてみたいなもので囲まれていますね。
プライバシーの保護みたいなものでしょう。
実際今はお店や無人機で借りる人って少なくなっているそうです。
やっぱり人に見られるのが嫌だからでしょうね。

 

悪いことしているわけではないのに・・・

 

ラピットLP画像

近年は銀行が個人向けカードローンを販売することが一般化していますが、その傾向は全国の地方銀行でも同様であり、北海道で業績第2位の北海道銀行も個人向け貸出に力を入れていることから、「ラピッド」というカードローンを展開しています。

 

北海道銀行に口座が無くても利用できるので、新たに口座を開設する必要がありません。ちなみに、保証会社はアコムです。

 

ラピッドの貸出限度額は500万円、金利は6.0〜14.95%となっており、東京の都市銀行の金利に比べると若干高めですが、銀行なのでフリーローン以外にも総量規制対象外のおまとめローンとしての利用も可能です。

 

申込方法はインターネット、電話、郵送・FAXがあり、インターネットからの手続きで即日融資を希望する場合は審査通過後、契約書と本人確認種類をFAXした後に借入を申込むと、自分の保有する銀行口座に借入金を振り込んでもらえます。

 

一般的に銀行カードローンは他行の口座への振込キャッシングを行っていないことから、ラピッドの振込キャッシングは大きなメリットと言えます。

 

また、自行のATMの他に提携ATMからの借入も可能であり、提携ATMにはコンビニのセブンイレブンやローソン、Enet(ファミリーマート、サンクス他)があります。

提携ATM手数料が無料なのは大きなメリット!

返済に関しても、上記ATMからの入金ができ、その他銀行振込による返済方法もあります。なお、提携ATMの利用手数料が借入・返済ともに無料ということもラピッドのメリットと言えます。

 

ただ、銀行口座からの引き落としという返済方法がありません。約定返済額は借入残高によって決められていますが、10万円の場合は2千円と銀行カードローンにしては非常に低いため、返済がしやすくなっています。

 

そして、借入残高が10万円増えるごとに返済額が2千円増額されます。返済期日は利用者の任意の日による指定期日と35日サイクル期日があります。

 

35日サイクル期日では、返済した日の翌日から数えて35日後が次回の返済期日になります。返済期日までであればいつ返済しても良く、返済した日の1週間後に返済しても、その翌日から35日後が次回の返済期日になります。

 

一方、指定期日には14日間の返済期間というものがあり、返済期間より前に返済すると当月分の返済として処理されず、改めて返済期間内に返済し直す必要が出ます。

 

申込条件は20歳以上70歳未満の安定収入のある人ですが、夫に定職がある場合は収入の無い専業主婦でも申し込めます。また、夫の収入証明書は必要ありません。

 

ところで、ラピッドの契約をするとWEBサイトで「Myページ」が利用できるようになり、Myページから振込を依頼したり、利用残高・返済期日などを確認したりできます。

続きを読む≫ 2016/11/18 17:04:18

先日の御嶽山の噴火をはじめ台風の甚大ならぬ被害と今日本の気象現象に異変が起きているような状態です。
いつどこで何が起きてもおかしくないのが今の気象現象。
いつからこんな風になってしまったのでしょうか?

 

台風も毎回毎回「大きな」とか「過去最大級」なんて言われるようになっています。
不安ばかりが募ってしまいます。
でもその不安が現実になってしまったのです。

 

我が家がある市は水はけが悪い市と言われていて大雨が降るとすぐに冠水してしまいます。
だからいたるところで冠水注意の黄色い看板がたっています。
そんなある日いつものように大雨が降ってきてしまい大丈夫かなって外を眺めていました。
するとあっという間に水が側溝からぶくぶくあふれてきているではありませんか。
これはまずい。
そうこうしている間に家の目の前の道路も水が少しずつ溜まってきました。
これはまずいぞ〜っと思っている間に玄関の近くまで水がきてしまったのです。

 

何とか家の中への侵入を防ごうとしましたが自然の力は恐ろしい。
人間の抵抗をあざ笑うかのようにしてまた雨脚が強くなりあっという間に玄関に侵入。
あ〜あ、とうとうきてしまった。
汚い茶色の水が玄関を行ったり来たり。
その水かさはどんどん増えて結局家の中まで水が入ってきてしまいました。
こうなるともう掃除をして少しリフォームをしなくてはいけない状態になってしまいました。

 

でも我が家にはそのリフォームに充てるお金がありません。
リフォームって結構お金がかかってしまうものなんです。
そこで思い切ってキャッシングを利用してみようと思いました。
でもやはり何か抵抗感があり、人にはいえません。
天災でやらなくてはいけないリフォーム代だから人にはなしても同情されるだけなのに、そのお金をキャッシングしたことは人にはいえない。
どうしてだろう。
全く悪いことなわけではないのに・・・

 

どうやってキャッシングをしたらいいのかわからずまずはネットでしらべてみました。
その時参考にしたのは下記のサイトです。

 

銀行カードローンの方が何かと利用しやすいと思いきめました。
あとやはり消費者金融は何か抵抗感が強すぎてやめたのが理由の一つです。

 

そして無事にリフォームをすることができて今は快適に生活ができています。

続きを読む≫ 2014/10/29 16:23:29